浴衣と着物の違いとは?

こんにちは!きもの桜京店長の青島です。

いよいよ本格的に寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

くれぐれもお身体は壊さないよう気をつけてくださいね。

 

さて、今日はおそらく多くの方が疑問に感じているのではないかと思われる、着物と浴衣の違いについて説明したいとおもいます。

 

皆さんは着物と浴衣の違いはご存知ですか?

もしかすると、着物と浴衣に違いがあるということも知らなかったという方もいらっしゃるかもしれません。

確かにぱっと見の見た目はあまり変わらないため、ご存知なくても無理はありません。

そこで、この記事では着物と浴衣について、着物レンタル屋の店長としての観点から詳しく解説させていただきます。

 

・着物は肌着を必ず着用して着るが、浴衣は素肌に着る

着物を着たことがある方はご存知かと思いますが、着物を身にまとう際は、必ず襦袢(じゅばん)言われる肌着を着ます。これが着物と浴衣の違いの一つです。

 

 

・着物と浴衣と外見的な違いとは?

もっとも明確な違いは、首元からに白い襦袢が見えるかどうかです。着物から襦袢を重ね着のように見せるのは着物のおしゃれのやり方の一つです。

また、着物は厚めでしっかりした生地が用いられていることが多く、浴衣は薄めでの生地が用いられていることが多いのも特徴の一つです。

 

・浴衣は夏に着るもの?

現代の日本では、浴衣は6月〜9月までの夏の時期に着るのが一般的だとされています。夏祭りのシーズンになると浴衣を着ている人をたくさん街で見かけることができますね。しかし、着物と浴衣はぱっと見だと違いが分からないほどであるのに関わらず、どうしてこのような文化が生まれたのでしょうか?

 

・浴衣はもともとパジャマのような存在だった?

その昔、まだ洋服が日本に普及されていない時代では、浴衣は寝巻きやパジャマとして着られる服だったのです。

浴衣という漢字からも連想できるように、元々はお風呂上がりに着るものだったということですね。そのため、夏のシーズンに着物ではなく浴衣を着る文化が生まれたのは、着物よりも薄く、涼しい設計になっている点や、浴衣よりも比較的気軽に着付けができるという点が理由だと言えそうです。

 

 

浴衣と着物の違いとは?

パジャマとして認識されていた頃の浴衣は、白無地のものや単色なものがほとんどで下が、遊び着として認識されて衣類までは、非常に様々な色味や柄、模様が施された浴衣が流通しています。

そのため、昔よりも浴衣と着物の違いがだんだん分かりにくくなっていったのです。

 

 

以上が浴衣と着物の違いでした。

お役に立てれば幸いです。

admin, 2017年12月22日